ガジェット

【MagBak】無限の可能性を秘めるスマホケース

今回はクラウドファンディングで見つけた【MagBak】というスマホケースを紹介します。
届いたのは9月中旬で約3週間ほど使ってみた結果、最高のスマホケースと感じてます。

総評は『スマホケース単体で見ると普通のケースだが、別売りのWallet、Chargerを使うことで他のケースを凌駕するスマホケース』です。

私は【MagBak】、【MagBak Wallet】、【MagBak Charger】の3点セットを購入したのですが、ここではスマホケースのMagBakについて記載します。

 

基本情報

価格:約4500円

素材:TPU

重量:36g (MAXは42g)

主な機能:
・マグネットにより金属部に張り付け可能
・MagStickを用いることで金属部以外にも張り付け可能
・SIM、SIMリリースピンの収納(iPhone X用ケースのみ)
・ワイヤレス充電可能

 

メリット

①マグネットが思いのほか便利

MagBakにはケースの中心から四方にマグネットが仕掛けられています。

赤線の部分が金属部に張り付けることが可能です。

私はよく冷蔵庫に張り付けてレシピの確認します。
メタルラックに張り付けて動画とったり、靴を履くときに玄関のドアに張り付けたりとかもできます。

注意点として、張りつける際に線でくっつけることを意識しないとスマホの重さでずり落ちます。
例えば、メタルラックの支柱のように丸くて点でしか張り付けられないところですね。
ただ、赤線の一つでもしっかりとくっつけば落ちることは無いほどの磁力が備わっています。

後述するMagStickを最大に生かせる磁石の付け方になっていると思います。

 

②丁度良い厚み、重さ

 

私が今まで使用していたスマホケースは【RAKUNI】というもので、家では基本的に外して裸の状態でiPhoneを使い、外に出るときには財布代わりにRAKUNIを装着する形でした。

ケースを付けないiPhoneに慣れていた私としては、MagBakで大きさ、重さが煩わしくならなければ良いなぁと思っていましたが、実際に使ってみたら杞憂に終わりました。

磁石が入っているとは思わないほどの重量であり、厚みも普通のTPUケースとほとんど変わりありません。
むしろ、カメラの出っ張りを気にする必要が無くなったのは嬉しい誤算ですね。

もちろんスマホの操作に影響するようなマイナス要素もありません。

 

③ワイヤレス充電可能

スマホケースの中ではワイヤレス充電できないものもありますが、MagBakはまったく問題ありません。

ワイヤレス充電のコイルをよけて磁石を設置しており、磁石による弊害も皆無です。

 

④MagStickによる無限の可能性

MagBakには付属で磁石の棒が2つ付いてきます。(以下の画像)

MagStickの裏面には両面テープが付いており、必要な個所に貼ることでMagBakを張り付ける場所を増やせます。
両面テープはなかなか強力で、平面に張れば指でとれるの?と思うほど。曲面にも一応張ることができますが、少し心もとないです。その場合は別でテープが付属しており、曲面との厚みを調整して張ることができます。

私は上記画像のように、車(SUBARUレヴォーグ)のハンドルとMagCharger用にナビの横につけてます。
ハンドルにつけた理由は駐車場での休憩中にスマホを持ってなくても良くなるからです。また、スマホでナビを使って運転する際に個人的にはセンターコンソールのナビよりハンドルのほうが目線切り替えが容易なので使ったりしてます。
運転中のゲームや動画視聴も捗りそうですが、ダメ絶対。

他の使い道として私が想像している設置場所は以下2つです
①居間の壁
お子様がいると机にスマホを置いてたらいたずらされますが、手の届かない壁にMagStickを設置すれば解決です。

②ベットの横の壁
ベットで寝ころがってスマホを見る際、もう手で支える必要が無くなります。
アームを使う手がありますが、設置の手間、取り外しの容易さは磁石の比較になりませんね。

他のスマホケースでも磁石のものもありますが、どこにでも張り付けることをコンセプトにしているものはありません。

ケースの本懐はスマホの防護なので、張り付ける箇所を複数用意することで家の中での落下防止も想定しているかもしれません。

【張り付け場所の自由化】によるメリットが大きく、他にどのような使い方ができるだろうと想像したくなるのはMagBakだけだと思います。

 

デメリット

①ケースは外さないほうが良い

私はお風呂にもiPhoneを持っていくのですが、その時にケースを外して持っていくんですね。
前のケースの感覚で外そうと思ったらなかなか外れない。なんとか外そうとケースを少し曲げるとMagBak内臓の磁石がケースを破いて出てきそうになります。

なので、耐久性の考慮するならば一度つけたらもう外さない心意気が必要です。

iPhone X用にはSIMピン収納が付いてて、それ以降のモデルにないのはケースを外す要素を減らすためだと思われます。

 

②指紋が結構付く

基本情報に乗っている画像でも結構指紋が目立ってますね。

TPUのケースを使ったことが無いので、もしかしたらTPU特有なのかもしれないです。
私のMagBakの色はブラックなのですが、光に当たるともうがっつり見えます。

個人的には指紋が付いていようが特に気にしないのですが、潔癖の方は気になってしまうかもしれません。

 

まとめ

ケース単体で見ても機能性が高く、スマホの防護もしっかりしているので間違いなくお勧めできるケースです。

他の記事にMag WalletとMag Chargerも書くのですが、それらを用いることでさらにポテンシャルを引き出すことができます。

少なくともMagBakが壊れるか、iPhone Xが壊れるするまではずっとこのケースを使い続けます。

 

 

-ガジェット
-,

Copyright© かきざきの考察ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.